未分類

初めての入院生活

前回の続きと言いますか…

“切迫早産”と診断され、そのまま緊急入院になってしまった私。

実は、人生初めての入院だったりするんですよね。

しかも今は新型コロナウイルスのせいで面会禁止

旦那さんとや家族とも一切会えず…

いつまで入院生活が続くかもわからない。

一人きり、
不安いっぱいのスタート

わたし

ううっ…💦

あっという間の初日

入院する産科の病棟へ連れて行かれ、
旦那さんとはそこでお別れになりました。

それより、

コロナで厳重になっているせいか着いた瞬間、

「旦那さんは入って来ないでください!」

って年配の看護師さんに怒鳴られた…

だんな

“入り口までならいい”って
言われたんだけど…💦

わたし

びっくりしたね〜笑

その後、私は診察室のような部屋へ。

診察台に横になって、
採血、心電図、レントゲン、問診などなど…

そして、これからずっと付き合っていくことになる点滴もスタート。

全てのことが寝ながら行われ、
あれよあれよという感じでした。

一通り終了したら、私がお世話になる病室へ。

主に切迫早産で緊急入院になった患者さん用の相部屋でした。

相部屋と言っても、しっかりした壁で仕切られていて半個室状態

思っていたより広くてびっくりしました。

わたし

でも、
窓際じゃない〜💦

病棟での決まりなどの説明を受けた後、やっと1人に。

なんかこれまでで色んなことが一気に起こりすぎて、放心状態というか、、

しばらく、“ぼー”っとしてしました。

今後のこととか色々考えたいことはあるけど、とりあえず今は休もう!

数時間後…、

旦那さんが荷物を届けにきてくれました。

意外に早く来てくれたし、
私がお願いした物もしっかり入っていたし、

いつもは段取り悪いくせに、“こうゆう時はしっかりしてくれるんだなぁ”。

と、ちょっと見直しました。笑

わたし

イレギュラーな時は任せて!

わたし

普段は…?

入院生活スタート

入院生活が始まりました。

私の場合“切迫早産”なので、ほぼ安静にしていないといけない状態。

移動は主にトイレとお風呂、
そして、お風呂は1週間に3回まで。

後はほぼ部屋のベット上での生活になります。

それと、お腹の張りを抑える薬が入った点滴を24時間ずっとつけっぱなし。

これが地味に辛い…
(経験者さんは分かってくれますよね笑)

窓もない閉塞空間で、なんだか牢屋にでも入れられた気分でした。

唯一の楽しみはといったら”食事”。

私は“妊娠糖尿病”も伴っているので、食べられるものは病院で出された食事のみ。

実は昔、病院の調理現場で働いていた私。

色々懐かしく感じましたね〜。

食事の写真)

わたし

こーゆーの作ってたなぁ。

でも、まさか自分が食べる立場になるとは…。

見た目はイマイチだけど、意外にいけるかも!

遠距離恋愛的な?

旦那さんは週に1度荷物を届けにきてくれました。

でも最初にも書きましたが、
コロナのせいで直接会うことはできず…

そこで私は思いつきました!

相部屋にある窓から駐車場が見えたので、旦那さんにそこまで来てもらうことに。

外に立ってる旦那さんの姿が見えましたー!

わたし

いた〜!!

だんな

おお、
お〜い!

LINEで会話しながら、
お互い手を振りあう。

なんか、遠距離恋愛中のカップルみたいな気持ちになりましたね。笑

でも、今はいい時代。

LINEもあるし、テレビ電話しながら話すこともできます。

電話は大体週1、2回くらい。

連絡や相談したいことから、
“今日は何があった”とかどうでもいい事も。

お腹の赤ちゃんに直接声をかけれない旦那さんのため、お腹にイヤホンをあてて声を聞かせたり…。笑

わたし

きっと聞こえてるよね💕

窓側さいこ〜

入院から2週間後
病室を移動することになりました。

今までいた部屋は緊急入院用らしく、大体2週間までと決まっているそうです。

わたし

次こそは
窓際がいい〜!

そして、
案内されたのは一般病棟4人部屋の廊下側…。

なかなか思い通りにはいきませんね。

でも、数日して隣の窓側の人が退院することに。

すぐ看護師さんにお願いしてみたら、
なんと変えてもらえることになりました!

やっぱり外が見えるっていいですね〜。

今までの閉塞感が少し軽くなった気分でした。

普段ビビりな私ですが、
勇気出して言ってみてよかったです!

わたし

太陽の光が気持ちいい〜!

入院して始めたこと

①1番よかったのは“編み物”

自宅安静中から少しやってはいたんですが、
入院してから本格的にやりだしました。

YouTubeで編み方の動画を参考に。
簡単なコースターから始めて、少しずつレベルアップ!

↑一番の自信作はコレ

集中していると時間もすぐ経つし、
どんどん上達していくのが分かって嬉しい。

編み物は本当にやってよかったですね。

わたし

スマホばっかり
疲れるしね〜。

②あとは、大分ぶりに小説も読みました。

もともと本を読むことは苦手。
読んでも自己啓発や食事料理本を読むことが多いんですが。

今回入院することになって、小説好きの姉が暇だろうからと貸してくれました。

ミーハーな私は実写化された作品ばかり選ぶ。

そして、意外にもハマってました。
ミステリー系とかは展開も早くておもしろいですね。

ずっと1人でいると、赤ちゃんや身体のこととか、おんなじことばかり考えてしまってました。

色んなこと考え過ぎて不安になったり…。

でも、小説を読むことで現実世界と離れられるっていうか、

すごくいい気分転換になったと思います。

③もう一つ、
“赤ちゃん関係”のことも進められました。

“入院したら準備が進められなくなる”

と焦っていたのですが、

今はいい時代。(2回目)

ネットショップで赤ちゃん用品を揃えたり、
YouTubeで育児動画を見たり、

一度にやるのは大変なので、

“今日は赤ちゃんの服を探してみよう“
“今日はオムツ変えの動画を観てみよう”

など、毎日ちょっとづつやっていきました。

赤ちゃん用品については、品物だけ決めておいて後でセールの日にまとめ買い。

多めにポイントゲットできました!

↑一部抜粋、まだ他に布団とかも…

わたし

楽天マラソンの日に
大量購入!!

病院にいても、工夫しながら結構できるもんですね。

どれにしても、毎日少しずつやることで無理なく楽しく続けられたと思います。

やることがあると、意外と入院生活もそんな暇じゃないかも。

ついに来た、入院請求書!

入院生活も1ヶ月が過ぎた頃…。

私がいる病棟の事務員さんが来て、
「これ、今月の請求書です〜」と。

請求金額 “557,194円”

これは、保険適用後3割負担の額です。
私は月の初め頃入院したので、これで約1ヶ月分弱…

思ってたより入院費って高い!

でも、“高額療養費制度”って知ってますか?

“高額療養費制度とは”

高額療養費とは、同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度です。 医療費が高額になることが事前にわかっている場合には、「限度額適用認定証」を提示する方法が便利です。

全国健康保険組合より

この制度のおかげで、実際の支払額は10万円ちょっとで済みそうです。

なんて素晴らしい制度!!

私は結婚して旦那さんに教えてもらうまで知しませんでした。

わたし

リベ大生なら常識だよね!

だんな

あんた知らなかったでしょ?

もっとセコい、いや得する方法

ちなみにこの制度、事前申請しておけば差額分の支払いで済むそうです。

私も事務員さんに、

「先に申請しておかなくて大丈夫ですか?」

と何度も言われ、やんわり“お金大丈夫?”と聞かれてるようでした。

〈うちのせこいやり方〉

  1. 一旦請求金額をカードで全額支払う
  2. 支払った分の数%がポイントで戻ってくる!
  3. 後日、高額療養費制度の申請をする
  4. 支払った分の差額分が戻ってくる

うちの使用カードは約2%還元されるので、
1万円分くらいのポイントゲットの予定!

わたし

これで退院祝いに外食行こ〜💕

赤ちゃんの様子は…?

なんか自分のことばっかり書いてましたが…。

肝心のお腹の赤ちゃんはと言うと、

すこぶる順調!!

入院した最大の原因だった子宮頸管長の長さは、なんと入院時より伸びて20mm弱まで復活。
なんとかキープしてくれていました。
※子宮頸管長については前回記事を参考に。

あとはよく動くみたいで、診察のたびに頭の向きが変わってて毎回ドキドキしてました。

逆子 → 頭下 → 逆子 →頭下 の繰り返し。

でもなんとか34週以降は、頭が下のままで居続けてくれています。

わたし

このまま出産まで
大人しくしててね〜。

もう一つ、問題というか個性というか?

結構大きめさんらしいです。

毎回標準体重の上限くらいの重さ…。
一応標準内ではあるので問題ないとのことですが。

私自身が4000gオーバーで産まれたので、もしかしたらその遺伝を引き継いでいるのかも?

でもまぁ、元気に動いて大きく育ってくれてるってことは良いことですよね!

分かりにくいけど顔の写真…
旦那さんスマホの待ち受けにしてました。笑

自宅安静中1番心配だったのは、
赤ちゃん早産で産まれてしまわないかとうこと。

家に居ると、いつ何が起きるか分からない不安はよく感じてました。

でも入院したことで、何かあってもすぐ診てもらえるって安心感ができて、早産に対する不安とかストレスは減ったと思います。

疑問や心配事があったら、先生や看護師さんにすぐ相談できる。

入院して本当によかったです。

あと、赤ちゃんが無事にここまで頑張ってくれて本当によかった!

わたし

他のストレスは
たくさんあったけどね〜笑

ようやく退院✨

入院してから約50日が経過、
6月上旬に入院して、いつの間にかもう7月末。

ついに“東京オリンピック”も開催しましたね!

入院当初に旦那さんと、

「とりあえず、“オリンピック”を目標に頑張ろう!」

と言ってたことを思い出します。

いや、私たちはスポーツ選手ではありませんよ。笑

正直スポーツもオリンピックもそこまで興味ないし…(好きな人いたらごめんなさい。)

でもまぁ、違う意味で目標にしてたので、

ここまでこれて良かったって気持ちは大きいです!

だんな

もう感動してきた…涙

わたし

まだまだ
これからだよ〜!

そして妊娠も36週を迎え、
ついに退院できることになりました!!

この数週までくるとお腹の赤ちゃんの機能もほぼ整っているそう。

もし今産まれたとしても、普通の新生児とほぼ変わらないみたいです。

入院当初はどうなるか不安でしたが、
入院してよかったんだと思います。

だだ、それと同様に、、

やっと退院できる〜!!

私としてはこっちもかなり嬉しかったです。

外に出たい
外の空気吸いたい

病院食以外のもの食べたい
ジャンクフード、スイーツ食べたい

家に帰りたい
旦那さんに会いたい

いろんな欲求が一気に出てきましたね。

特に食べ物系が1番かも。笑

だんな

…旦那より?

わたし

いい勝負!!

だんな

……。

本番はこれからですが、
今は家で少しゆっくりしたいなぁ。

ここまで読んでいただき
ありがとうございました(^ν^)

ABOUT ME
ちは子
旦那さんと1歳の娘と3人暮らしの専業主婦です。 毎日忙しさに追われていますが、“今を楽しむ!”をモットーに日々過ごしています。 育児に家事、趣味の料理などなど。